個人輸入代行で購入できるラブグラとバリフの違い

カルテ片手に笑顔の女医

1,998年にアメリカで販売が開始されたバイアグラは、短期間で爆発的な人気を集め、世界中で夢の薬として一大センセーションを巻き起こしました。
勃起の妨げとなっている5型Phosphodiesteraseという酵素を阻害するという作用により、海綿体への血液量が増加して、勃起が可能な状態になるという内容です。
これは、バイアグラ以降に開発されたバリフなどのED治療薬にも共通している作用機序です。
ラブグラは、このバイアグラと同じsildenafilを主成分としている内服薬ですが、女性を対象としているという点が大きな違いとなっています。
また、このために主成分が同じであるにもかかわらず発揮される効果は違っており、ラブグラの場合はバイアグラではえられなかった ecstasyの向上も期待できます。
これは、penisとclitorisの機能と構造の違いによるものですが、これが厚生労働省の承認とも関係しています。
つまり、バイアグラの場合は勃起不全を改善するということを目的としており、男性にとってはクオリティーオブライフの向上以上の意味を持ちます。
また、夫婦という観点で考えると男性の勃起不全が改善されることは女性にもメリットがあるということで、臨床試験を実施することなく短期間で厚生労働省が承認した背景となっています。
これに対して同じ成分を配合しているにもかかわらずラブグラが承認されない理由は、快楽を高めるということを目的としているからです。
これは、治療目的で使用する医薬品とは別扱いとなるので、正規の医療機関で取り扱われることはありません。
ただし、これは日本の価値観であり、世界ではラブグラを認めているケースもあります。
このために、個人輸入代行を利用することにより、入手することが可能です。