ラブグラに副作用はある?

ラブグラは女性用のバイアグラとして開発された「ウーメラ」のジェネリック医薬品です。
主成分は男性用のバイアグラと同様シルデナフィルでこの成分に血流促進作用があり不感症やオーガズム不全などの改善に役立ちます。
ラブグラを服用することによって女性器周辺の血流を阻害する作用のある酵素を抑制しクリトリスや女性器周辺の血流を増加して不感症を改善することができます。
また膣内部の血流を増加することによって分泌液を増加させ間接的に感度を良くすることができ、性交痛などの痛みを緩和する効果も期待できます。
ラブグラには血管拡張作用があるため副作用も報告されています。
副作用としては頭痛やほてり、鼻づまり、めまい、動機、胃もたれなどの症状がありますが、薬の効果が切れればこのような副作用の症状も治まることが多いので心配する必要はありません。
しかし、長時間副作用の症状が治まらなかったり症状が重い時はかかりつけの医師や薬剤師に相談することをおすすめします。
上記の副作用は比較的軽いものですが、服用して気分が悪くなった時は重篤な副作用の前兆である可能性があります。
そのため、気分が悪くなった時はすぐに医師に相談するようにしましょう。また、服用した後しばらくは車の運転にも十分に注意を払う必要があります。
ラブグラを使用するにあたって注意する点もあります。
ラブグラは腸で吸収されるため暴飲暴食をした後に服用すると効果が低くなる可能性があるだけでなく、強い副作用が現れることがあります。
そのため、なるべく空腹時に服用することをおすすめします。
服用の限度としては1日1錠で次の服用までに24時間以上時間を空けてから服用するようにしましょう。